イケメンの愛で方

イケメンの鑑賞記録

亮くんはどのくらい映っている?【映画 悪と仮面のルール  DVD/Blu-ray 限定版】◆吉沢亮◆◆特典映像◆内容

スポンサーリンク

映画「悪と仮面のルール」の限定版の特典映像について、どんな内容なのか、何分くらいなのか、そして亮くんはどのくらい映っているのかを記事にしていきます。

 

f:id:k88888888k:20181216225050p:plain

引用元:映画『悪と仮面のルール』公式サイト

 

特典映像

特別映像

玉木宏篇

・映像チェックする亮くんと玉木さん(29秒)

 

・1分58秒

 

新木優子篇

・1分42秒

・亮くんのシーンなし

 

吉沢亮篇

・腕組んで映像チェックする亮くん

・電話で話しながら歩いているところのメイキング

・監督と話している亮くん

・1分49秒

 

 

 documentary film "THE EVIL BEHIND"

・原作者中村文則さん、玉木宏さん、新木優子ちゃんコメント

 

・亮くんコメント

・中村文則さん:運命が誰かの手で動かされていたら?

・玉木宏さん:久喜と新谷の役作りについて、タバコの役割

・監督と話し合う玉木さん

・優子ちゃん:香織について

・亮くん:伊藤について

・台本片手に監督は話し合う亮くん

・光石研さん:榊原について

・玉木さん:役としてどこの立ち位置に存在するか

・監督:光石さんの印象的だったシーン

・光石さん:そのシーンについて

・監督:撮影のルール、カメラワークについてのこだわり

・中村文則さん:映像が浮かぶと言われることについて、光

・監督:小さい文宏が父親の部屋に行くシーンと、新谷となった文宏が幹彦の部屋に行くシーンのこだわりについて

・玉木さん:二人で対峙するシーンの映像がずっと続くことについて、柄本さんの芝居について

・亮くん:「感情の空白を抱えてまでどうして生きる」のセリフについて

・亮くん:現場での玉木さんとの距離感について

・玉木さん:亮くんについて

・亮くん:玉木さんと芝居について

・監督:2人の距離感、アジトのとこがよかった

・三石さん:監督の印象

・亮くん:監督のアイディアを伊藤の役作りに活かした

・三石さん、監督:リハなしでの撮影

・監督:感情の流れをぶつけあることを大事に撮りたい、ラストシーンについて

・玉木さん、優子ちゃん:ラストシーンについて

・監督:幹彦の父親へ対する感情について、連鎖について、人物を作り出す作業について

・監督:整形のシーン、顔の筋肉につっぱりをつくった方法

・亮くん:換気扇から撮っているシーンについて、かっこいい画

・優子ちゃん:スタートラインに立てたシーン

・玉木さん:ラブストーリーだと思って挑んだ

・30分54秒

(亮くんが映っている時間:5分40秒くらい、約16%)

 

ラストシーンノーカットバージョン

・16分44秒

 

劇場用予告

・1分33秒

 

 感想

・インタビューでも言ってたけど、現場での玉木さんとの距離感がバチバチしているっていうか、とても緊張感が感じられて、無精ひげのルックスも相まって、男度高め!

・監督とかっこいい画について話している時の亮くんの楽しそうな顔が印象的

 

・映画本編自体がなかなか好みが分かれるし、見る人によって受け取るものが違いすぎるから、なかなか気軽にオススメはできないけど、重厚な作品で、亮くんがかっこいいと思う画がたくさんあって、そこで苦悩する亮くんの演技は一見に値するんじゃないかなと。とはいえ、とはいえよ、特典映像が物足りない!インタビューはいいけど、舞台挨拶とかも見たかったな~。インタビュアーが監督だからこそ、役者のコメントがいいので、もっとインタビューの割合が多くてもよかったし、なによりメイキング映像が少ない!台本片手に監督と話し合う亮くんの映像は3回くらいでてくる。そこがちょっとだけ不満かな