イケメンの愛で方

イケメンの鑑賞記録

【andGIRL まとめ】◆吉沢亮◆雑誌◆内容

スポンサーリンク

亮くんは【andGIRL】という雑誌に3回掲載されています。

亮くんのアラサーの女性へのイメージや、自分で自覚しているクセなど、読み応え抜群な内容でした。

 

 

掲載一覧

・1回目:2015年2月号(2015/1/10発売)
・2回目:2015年3月号(2015/2/12発売)
・3回目:2018年5月号(2018/4/12発売)

 

2015年2月号(2015/1/10発売)

●167P、3ページ、6カット

●グラビア:ネイビーのアウター、白Tシャツ、黒パンツ、外で撮影

①顔アップ、正面、前髪短め

②両手ポケット、ほぼ全身

③首を左に曲げて笑顔、バストショット

④目を閉じて顔アップ

⑤ガードレールに腰掛けている、両手ポケット

⑥両手ポケット、上半身

 

●テキスト

まだまだ経験が浅くて、今も毎回、これでいいのかなって悩んで、楽しいこととツライことで言えば圧倒的にツライことの方が多いんですけど、自分の出た作品を見返すと、たまに、お、これいいかもと思う瞬間もあって、そういうときはすごくうれしいですね

 

Q.アラサー女子はどう見えている?

30という数字だけ聞くと、けっこうお姉さんのイメージですけど、会ってみると、意外と若いな・・って、すごく失礼な言い方ですよね?でも、話していて普通に可愛いなと思いますし、全然いいと思います

 

Q.年上女性はOK?

たぶん、年上じゃないと無理なんです。すごくマイペースな性格なので、甘えさせてくれて、包容力のある年上の人じゃないとダメな気がします。安心できる場所みたいな存在でいてくれたらうれしい。ぜひお願いしたいです(笑)それに、30歳くらいの女性って堂々としているじゃないですか。余裕があるっていうか。もしかしたら余裕に見せているだけかもしれないけど、そこがまたか可愛いというか(笑)

 

自分の行動や発言にまだ確信が持てない子どもの僕から見ると、余計、自分に自信を持っている人に魅力を感じます

 

Q.年上女性とデートするなら?

大人な場所に連れて行ってほしいですね。

そうでなければ、僕がインドアな人間なので、お互いの家でDVDを観ながらまったりとか

 

Q.理想とする関係

かまってほしいときはすごくかまってほしいけど、かまってほしくないときは絶対かまってほしくない。彼女と一緒にいても、自分のやりたいことをやっちゃいそうな人間なんです(笑)だから、それを笑って許してくれて、お互いに黙って別々なことをしていても、同じ空間を共有していられるというか、そういうことがまったく気まずくない関係でいたれたらいいですね

 

Q.ついやってしまうクセ

子どもの頃からのクせなんですけど、相手が初対面だと、つい鼻をかいたり、手に持ったペットボトルのフィルムの端っこをいじったりしていまいます。

 

Q.今ハマっていること

いつも家から現場まで、ずっと音楽を聴いています。最近、好きなアーティストは、石崎ひゅーい。ギター1本で歌っていて、歌詞も独特で。すっごいカッコいいんですよ。

 

今、自動車教習所に通っています。メドは全然ついてないです(笑)

 

・マンガがけっこう好き

・基本的には男の子の好きな闘う系だったり、ギャグ系だったりをよく読んでいる

・実写化するなら『ばらかもん』、いつかかかわることができたらいい

 ・アウトドアの趣味が欲しくて、最近バスケを始めたがもう一つ外でやる趣味がほしい

・釣りを薦められて、性格的には合うがエサに使うミミズとか絶対触れないし魚も触れないから、誰かやってくれたらいい

 

2015年3月号(2015/2/12発売)

●166P、4カット、1ヶ月着まわしの相手、インターンの年下男の子役

①デニムシャツ、グレーインナー、黒パンツ、バレンタインチョコを両手でもらう亮くん

②白パーカー、右手頬杖、左手右膝の下、亮くんから告白

③赤いアウター、グレーのニット、黒パンツ、ラーメン屋デート

④白タートル、茶ニット、ベージュのコート、黒パンツ、朝デート

 

●184P、1/8ページ、1カット(宣材写真)

●テキスト:なし

 

2018年5月号(2018/4/12発売)

●171P、3ページ、3カット

●グラビア:ネイビーのアウター、青ベースのチェックのシャツ、青Tシャツ

①②バストショット

③柵みたいなのに腰かけている、顔は左向き

 

●テキスト(インタビューは2月下旬)

Q.遊はどんな男の子?

内面をあまり他人に見せないとか、大事に思っている相手が本音でぶつかってきたときに、照れ隠しでついへらへらしちゃうとか、僕と似ているところもあって(笑)

 

最初から俳優を目指していたわけではなかったんですが、でも今、いろんな役を演じていてすごく楽しいです。理想としている役の演じ方にまだまだ達していないと思うことはしょっちゅうだし、辛いことの方が多いんですが、他人の人生を演じることは面白いし、普段、素の自分では出せない感情を思い切り出せたりもするので、やっていて気持ちいいですね。俳優って好きだなって思います

 

僕は遊みたいに、恋愛においてガンガンいけないかもしれない。

最近、人を好きになっていないからわからないです(笑)仕事が忙しいのもあるんですが、でも、周りが見えなくなるほど恋愛に狂ってしまうような時代は年齢的にももう終わったというか、過ぎてしまった気がします。それを考えるとちょっと寂しいですね。遊と光希みたいに、思いっきり恋愛してみたい、とも思いますから

 

僕、歳を重ねるうえで、やれることは全部やって取りこぼさないでいたいなって思っているんです。そのときに意味のあること、そのときにしかできないものって絶対にあると思うから。だからそれが今は、俳優業なのかなって

 

Q.アラサー女性についてのイメージは?

仕事に余裕が出てきて、プライベートも充実している感じがしますね。おしゃれにも敏感そうだし、おいしいお店もたくさん知っていそう

 

年上の女性とのデートなら、おいしいお店を教えてもらって一緒に行きたいかも。そうそう、お酒が好きなので、お酒がおいしく飲める和食屋さんとかいいですね。もちろん一緒にお酒が飲めたら楽しいけど、彼女が飲めなくても、酔った僕のテンションについてきてくれれば大丈夫。僕、基本的には酔ってもあまり大きく変わらないとは思うんですけど、結構、めんどくさいこと言い出しちゃうことがあるんです(笑) たとえば、自分の中にしまっておいた秘密を平気で言っちゃったりして、それで翌日すごい後悔したり。でも、年上の女性なら、そういう僕にもやさしく付き合ってくれそう

 

Q.自分だけが知る少年っぽさとは?

取材を受けていると、手に届く範囲の紙類を無意識にいじっちゃうことがよくあるんですよね。ストローやおしぼりの袋とかを喋りながらビリビリ破いて、それでその破片を集めて変な形を作ったりして、喋る時間が長いほど、大作ができあがります(笑)

 

Q.つい惹かれてしまう女性のしぐさは?

定番ですけど、笑顔。普通の笑顔も好きだけど、声が出ないぐらい爆笑しちゃってるときの顔に惹かれます

 

 

感想

・最初の舞台でもうやめてやるって思っからそこから俳優を続けてくれて、それだけも感謝なのに、圧倒的に辛いことが多いだなんて・・・

 

・年上女の転がし方うまくない?意外と若いとか、余裕に見せているふりすら可愛いとか、逆に包容力を感じますけど!


・鼻を頻繁に触る男性は気が弱い、本当は自信がなくて緊張している、決断力がなく、何事も他人に依存する性格、やましいとき、嘘をついているときも鼻を触ってしまうって検索で出てきた(笑) 


・2014年に免許ほしいと言ってから、通うまでに一年、忙しい合間に教習所に通ったんだね~マニュアルとオートマどっちなんだろう?


・2013年10月にバスケやりたいって言っていて、2015年1月で最近始めたって、だいぶ時間空いたな~


・2015年から3年経っても辛いことの方が多いって・・・それでも俳優が好きだなって言ってくれて、続けてくれて、いろんな作品と役柄を届けてくれてありがとう、これから亮くんの俳優人生は楽しいことが多くなってくれるといいなぁと

 

・最近、人を好きになっていないって、亮くんの最近はどのくらいの期間なんだろう?
しかも、24歳にしてもう恋愛に夢中になる時期が過ぎだって早くない?まだまだこれからあるよ!!思いっきり恋に落ちて、こんな自分がいたんだっていう発見をいつかインタビューで聞きたい


・酔って、テンションあがって、めんどくさいこという人は大嫌いだけど、亮くんなら大歓迎。何度同じ話されても、初めて聞いたってリアクションするよ!!

 

・紙を破くクセは現状不満、ストレスっていう心理らしいけど、なにが不満なんだろう?うまく発散させて、心健やかな日々を過ごしてほしいな~