イケメンの愛で方

イケメンの鑑賞記録

【SPUR まとめ】◆吉沢亮◆雑誌◆内容

スポンサーリンク

亮くんは【SPUR】という雑誌で連載企画をしています。

毎回ゲストを迎え、お酒を片手にトークを繰り広げるという魅力的な企画です。

ネットには紙面には入りきらなかったこぼれ話も掲載されていて、むしろそっち内容の個人的には好きです。

(2018/11/25現在、6回までしか更新されていません)

 

 

f:id:k88888888k:20181125154352p:plain

引用元:SPUR 2018年9月号

 

第1回:中村哲平さん

●2018年4月号

●亮くんの一杯:ワイルドターキー13年をオンザロック

詳細はSPURの公式ページのこちら

→「第1回 いま一番気になる人と待ち合わせ:本日のお客様 中村哲平さん

 

紙面では書ききれなかったエピソードはこちら

→「第1回 【おかわり下さい】

 

監督「映画を監督してみたいと思ったりしないのかってこと。ちゃんとビジョンがあって、役者の気持ちもわかるから、いい映画を撮りそうだなって思うんだよね」

亮くん「監督ですか。すごくふわっとしたことを言うと、監督より脚本をやりたいす」

監督「ああ、なるほどね。やっぱりそういう欲求はあるんだ」

亮くん「欲求というか、本当にふわっとしたもので、具体的なストーリーは何もないんですけど、イチから自分で物語を作ってみたいなという気持ちはあります。やるか、やらないかといったら、やらないと思いますけど(笑)」

監督「今はね。でも、俺は亮くんの中にあるものが、それこそ物語でも何でもいいので、形になって表れたら面白いと思うし、すごく興味がある」

 

第2回:銀粉蝶さん

●2018年5月号

●亮くんの一杯:ラムベースのカクテル「XYZ」

詳細はSPURの公式ページのこちら

→「第2回 いま一番気になる人と待ち合わせ:本日のお客様 銀粉蝶さん

 

紙面では書ききれなかったエピソードはこちら

→「第2回 【おかわり下さい】

 

第3回:押見修造さん

●2018年6月号

●亮くんの一杯:イチローズモルトのダブルディスティラリーズ

詳細はSPURの公式ページのこちら

→「第3回 いま一番気になる人と待ち合わせ:本日のお客様 押見修造さん

 

可愛い女子の汚いところを見てみたいという、ある意味で男の憧れというか、男の隠された欲望が詰まっていて、それがすごくいいんですよ

 

紙面では書ききれなかったエピソードはこちら

→「第3回 【おかわり下さい】

 

誰がどう見てもかわいくて、みんなの憧れの的ですみたいな、真っ白な部分しか見えない子の汚い部分って気になりますよね。ないわけないので

 

押見さん「そんな変態的なマインドを持ちながらその容姿っていうのは、どうやってバランスを取っているんですか?」

亮くん「なかなか出せないです(笑)」

 

 

第4回:岸洋佑さん

●2018年7月号

●亮くんの一杯:パンクIPA(スコットランド生まれのクラフトビール)

詳細はSPURの公式ページのこちら

→「第4回 いま一番気になる人と待ち合わせ:本日のお客様 岸洋佑さん

 

紙面では書ききれなかったエピソードはこちら

→「第4回 【おかわり下さい】

 

 

第5回:Aマッソさん

●2018年8月号

●亮くんの一杯:ハイビスカスのショートカクテル

詳細はSPURの公式ページのこちら

→「第5回 いま一番気になる人と待ち合わせ:本日のお客様 Aマッソさん

 

紙面では書ききれなかったエピソードはこちら

→「第5回 【おかわり下さい】

 

 

第6回:中村勘九郎さん

●2018年9月号

●亮くんの一杯:カッシーナ・タヴィンのルケ・テレーザ2016

詳細はSPURの公式ページのこちら

→「第6回 いま一番気になる人と待ち合わせ:本日のお客様 中村勘九郎さん

 

紙面では書ききれなかったエピソードはこちら

→「第6回 【おかわり下さい】

 

 

第7回:ジミ・フランクリンさん

●2018年10月号

●亮くんの一杯:知多のハイボール

・テキスト

・二人の出会い

・フォトブックの撮影について

亮くんの場合、基本どういうふうに撮ってもかっこよく見えちゃう。けど、かっこいい人をただかっこよく撮ってもつならないから、亮くんのパーソナルな感情とか、普段だったら見られない何かを引き出そうと思って、そこは結構意識した

 

 

・「GIVER」のメインビジュアルの撮影について

 

第8回:新木優子さん

●2018年11月号

●亮くんの一杯:レモンサワー

●テキスト

・初共演の「悪と仮面のルール」のときの様子

・杉野くんと3人でご飯を食べにいった話

・今後やってみたい役について

 

 

第9回:高田亮さん

●2018年12月号

●亮くんの一杯:ヒューガルデン・ホワイト

●テキスト

・二人の出会いについて

・高田さんの作品の魅力について

・亮くんの山田役の魅力について

・高田さんが脚本を書くときの環境について

・亮くんが好きな映画や、憧れの役者について

 

 

第10回:荒木大輔さん

●2019年1月号

●亮くんの一杯:ヒューガルデン・ホワイトにフランボワーズの果汁を加えたヒューガルデン・ロゼ

 

●テキスト

・最近は週4で会っている

・荒木さんがスタイリングをするようになって5年くらい

・荒木さんの亮くんに対する初対面のときの印象

・荒木さんのおしゃれ具合を力説する亮くん

・昔の亮くんに対するスタイリングで気をつけていたこと

・最近の亮くんの服の着こなしについて

今は服の着こなし方がわかってきたというか、服の持つ気分みたいなものをよく理解して着てくれるので、幅もすごく広がる

 

荒木さん「ドラマとか映画とか、そういうところに踏み込んだことがないから、いつか機会があったらやってみたいよね」

亮くん「それ最高ですね」

荒木さん「実際「もっとよく見せられるはずなんだけどな」って思うことが多くて。俺だからわかるフィット感だったり、「この感じにするとよりよく見えるんだよね」っていう感覚があるから、やれたら面白いだろうなって思う」

 

●きれいなお兄さんは好きですか?

●226P、2ページ、3カット

こんなにナチュラルなら、肌のコンプレックスがある人でも自然にカバーができて自信がもてそうですよね

 

バックステージ動画はSPURの公式ページのこちら

→「吉沢亮さんが初めてのビューティ撮影に挑戦!