イケメンの愛で方

イケメンの鑑賞記録

【 吉沢亮×精神】◆喜怒哀楽◆

スポンサーリンク

雑誌やネットの記事を元に、亮くんの内面についてまとめていきたいです。

気長に温かい目で見守ってください。

 

 

 

f:id:k88888888k:20180929001933j:plain

引用元:awesome! (オーサム) Vol.27

 

2010年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

 ・”おとこ気”のある男になりたい。男の中の男になりたい!

(エムグラVol.8)

 

 

2011年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

 

 

2012年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

・常にツイてないと思っている

・緊張を解かすのに、わりと大きめな声で歌ったりしている

(CAST-PRIX ZERO VOL.23)

7月

8月

・クランクアップで泣いたことがない

(CAST-PRIX ZERO VOL.24)

9月

10月

・(ぶっせんの撮影時)始めのころは、虫を見つけただけで大騒ぎしていたが、終盤に差し掛かるころには、虫が飛んできても”うっとうしいな”って手でサッと払えるくらいに成長した

・(正助のような天然でドジな部分)自分にもそういう部分はある

・子供のころから全然怒らないが、集中してDVDを見ているときに大きな声で話しかけられたらイラッとくるかも

(エムグラVol.19)

 

11月

12月

 

2013年

1月

・傷つきやすくて繊細、でも次の日には治っている

・ふだん全然泣かない、泣くって感情がないんだろうなと思っていた

(GOOD☆COME vol.26)

 

2月

・ナツとの共通点はマイペースなところ。自由に生きたいタイプの人で、いろんなことに縛られたくないという部分は一緒かもしれない

・どちらかと言うと引っ張られる側

・運転に慣れるうちはひとりで練習するはず。友達にオドオドしたりヘマする姿を見せるのは恥ずかしい

(エムグラVol.20)

3月

・多くの人に知ってもらって、たくさんのファンの方に支えられてるって実感したとき幸せだんと思う

(Neo Actor Vol.21 2013/3/4発売)

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

 

2014年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

・基本ひとりでいるのが当たり前

・役でコミカルな演技するするのは好き

(JUNON 2015年1月号 2014/11/22発売)

12月

 

2015年

1月

2月

・2014年は周りの意見をしっかりと受け止めた上で、自分はどうしたいのか考えることが丁寧にできた

・関わってくれる人や支えてくれるファンの人に改めて感謝だなと思えた

・ファンの人はどういうことを考えながら応援してくれているんだろう、どういう人なんだろうと気になった

・最初の舞台稽古でかなり厳しく指導されたので、舞台は怖いものという感覚が強い

(別冊プラスアクトVol.19)

3月

・「こういう人だからしょうがないか」と思って受け入れるタイプ。それ以上踏み込まないし、バチバチもめることもない

・21歳のテーマは余裕をもって生きること。~悩む時間も楽しめるぐらい余裕のある人になっていきたい

(JUNON 2015年5月号 2015/3/23発売)

 

4月

5月

6月

7月

・慎重派なので。危険だと思ったら行かない、行けない!

・たぶん自分が何か困ったとき、助けを求めないタイプなんですよね。そして知らない人に助けを求めるほど自分が困ることはきっとないのかなと

(JUNON 2015年9月号 2015/7/23発売)

 

8月

9月

10月

11月

12月

 

2016年

1月

2月

3月

4月

5月

・人間は中身勝負って意識をもっと持たなきゃ

(JUNON 2016年7月号 2016/5/23発売)

6月

7月

8月

9月

10月

・芝居の現場でもまったく話さないこともある。昔は人見知りを直そうとして、いつ話しかけようかって考えちゃってツラかったけど、今は最初から変に気負わない

(JUNON 2016年12月号 2016/10/22発売)

11月

12月

 

2017年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

 

2018年

1月

・仕事のグチを彼女にポロっと話てしまった時、アドバイスされるとイライラするから、同意しながら聞いてくれて、大丈夫だよ。頑張ってるじゃん」ぐらいの感じがうれしい

(JELLY 2018年3月号)

2月

3月

・「イケメン」と言われるには、今は素直にうれしいと思えるようになった

・以前は”みんな俺の顔のことばっかり言いやがって!”と思っていた

・自分の第一印象についてとかを、ほかの役者さんから”すっごく顔がキレイで”とか言われると、”顔、顔って、それしかないのかよ!”って

・それで人気が出るのならありがたい話だと受け入れられるようになってきた

(JUNON 2018年5月号 2018/3/23発売)

 

・なんの取っ掛りもなく自分という人間を考えることはあまりない

・自分自身を知るのは、役を通してだったり、インタビューでだったりする

(別冊プラスアクトVol.27)

 

・遊に似ている、共感できる部分が多かった

・みんなにいい顔をするのだけれど、実はつきあいが浅く広く、来る者拒まないけれど、去る者追わず的な態度をとるとことか、心の奥をめったに人に見せられないところも気持ちがわかる

・彼女ができたとしても本当の親友にしか打ち明けない、自分人の恋愛話をするのはイヤ

(Oggi 2018年5月号 2018/3/28発売)

 

4月

・内面をあまり他人に見せないとか、大事に思っている相手が本音でぶつかってきたときに、照れ隠しでついへらへらしちゃうとか、僕と似ている

・歳を重ねるうえで、やれることは全部やって取りこぼさないでいたいなって思っている

(andGIRL 2018年5月号)

5月

・僕自身は良男には似てない気がする

・どの道を選んでも真剣にやれば、その道が正解になる気がする、自分でその道を正解にするのが大事

・平穏を求めがち

・刺激がくるとビビって手をださない

(25ans 2018年7月号 2018/5/28発売)

6月

・わりとひとりが好きだけど、たまに人恋しくなる瞬間もある

・基本的には悩みは人に相談しない

・孤独って、ひとりじゃ感じないもの、誰かに対する愛情があるから感じることだと思う

(upPLUS 2018年7月号 2018/6/12発売)

7月

8月

9月

10月

11月

12月